東京の看護師の求人の多さは看護師を辞める人が多いのが理由なのです

東京での看護師の求人の多さは現在の医療現場においては深刻な問題となっているのです。
看護師の求人が多くていいのは看護師が転職する時や就職する時だけで、看護師の求人が多いということは看護師が不足していることなので、看護師にかかる負担は非常に大きくなると言われているのです。
実際に看護師の仕事内容はとても過酷な状態のところが増えていて、現在全国的に見ても7割の医療機関では看護師が足りていない状況にあり、そのほとんどの医療現場では看護師には過酷な状況を作り出してしまっているのです。
その過酷な仕事内容のせいで看護師を離職する人が増えていて、ますます看護師不足に拍車がかかっているのです。
東京では特に看護師不足が深刻化しているのです。